実践的なドローンスクールで、社会に活かせる資格を

ドローンの操縦技術の習得から、次世代の一歩進んだ資格を取得。専門分野に特化した実践的なスクール。

スクールについて詳しく見る

認定プログラム

カリキュラム、日数、全体の流れ
日本大学工学部との共同開発による実践的なカリキュラムを準備。
土木関係において優れた技術を持つ日本大学工学部は、コンクリート構造の破壊と劣化のメカニズムや、寒冷地における建築物の変化など、インフラ整備について貴重なデータを数多保有しています。こうした大学の持つインフラ整備の専門技術と、JUAVACのドローン技術を融合することで、他にはない充実したカリキュラムを提供することが可能になりました。
認定プログラムを詳しく見る

理事長ご挨拶

理事長ご挨拶と
ドローンエキスパートアカデミーの
概要について

理事長ご挨拶

工学は、自然界の真理を探究する科学(Science)と物質の性質や現象の原因を明らかにする理学を使って、モノをつくる方法や技術を生み出す学問です。
理事長ご挨拶
学校名 JUAVAC ドローン エキスパート アカデミー
英語表記名:JUAVAC Drone Expert Academy
理事長 出村 克宣 (日本大学 工学部長)
事務局 〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町4−14ニューイワサキビル
TEL 03-5809-1434 (FAX 03-5809-1435)
学校概要を詳しく見る

よくある質問

お客様から寄せられたご質問や
アカデミーの詳細について
わかりやすくご説明します

スクールに通わなくてもドローンを飛ばすことは可能でしょうか?

個人でドローンを購入して、操縦、飛行をすることは可能です。しかし、飛行には国交省への申請が必須となります。また、地域ごとに飛行禁止区域、飛行禁止時間など細かく決められています。これらに違反をすると最高50万円の罰金が課せられます。

ドローンの操縦技術を習得すると、どんなことができますか?

ドローンはさまざまな分野で活用することが可能です。操縦の基本技術を習得すれば、空撮を楽しむこともできますし、最近流行しているドローンレースに参加することもできます。 他には、畑の管理や倉庫の在庫管理や配送など、あらゆる場面での利用が可能です。
よくある質問を詳しく見る

JUAVACコンソーシアム

JUAVACコンソーシアムは「ドローンを使った社会貢献」という理念を掲げ、さまざまな事業会社から構成されています。IoT、ビッグデータ、AIなどの技術革新による第4次産業革命について、研究と開発を行うとともに、ドローンの利用促進とその成果のビジネスモデル化を目指します。また、当コンソーシアムの構成員である日本大学工学部との共同研究も実施。各種の事業団体、企業との提携、コラボレーションにより、継続的な事業発展と拡大を推進していきます。

コンソーシアム参画企業

株式会社アルサ
土木機械、建設機械の開発・販売・メンテナンス 再生可能エネルギー関連機器の開発・販売・メンテナンス バイオマス商材をはじめ環境ビジネスの展開 無人航空機を用いた空撮、各種調査業務を支援致します。
株式会社SRC
弊社は、空からの地方創成を目指し、他分野におけるドローン活用・操縦者育成など、空と人との結びつきを促進していきます。
新日本建販株式会社
発電機・高所作業車等、建設機械・資材の販売およびリース・レンタル、中古機械売買を通じて、満足していただける顧客サービスを提供しています。
コンソーシアムの詳細を見る

資料請求・お問い合わせ

お名前*
メールアドレス*
住所
電話番号
お問い合わせ内容*

※ メールの指定受信設定をされている場合はドメイン「juavac-droneschool.jp」を受信可能にしてください。
※ メールサービスによっては設定をしなくても自動的に迷惑メールに振り分けられる場合がございます。自動返信メールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。