JUAVACドローン エキスパート アカデミーについて

始まり
公共インフラの維持・管理の分野で、なぜドローンの導入が声高に叫ばれているのか

2011年に起こった東日本大震災、2012年の笹子トンネル天井板落下事故などを受け、道路や橋のインフラ整備の重要性が再認識されるようになりました。
その中で特に課題とされているのが、地方の橋梁の老朽化です。

日本では橋梁の大事故を未然に防ぐために、定期的な点検および改修が義務付けられています。しかし、地方の各自治体では、予算や技術者の不足で、なかなか点検作業が進んでいないのが現状です。
こうした問題を改善するためにも、一刻も早いドローンの導入が期待されています。これまでのインフラメンテナンスは、人間の手による点検が一般的でした。点検に必要な足場を組む必要があるため、それだけでコストと時間がかかります。

これをドローンで行うことで、足場を組むコストや時間がなくなり、それまでかかっていた膨大な予算と期間を大幅に減らすことができます。さらに人間が踏み込みにくい場所まで確認をすることができるので、より精密な検査が可能となります。

こうした橋梁点検の分野でドローンの活用を広げるためには、ドローンの操縦ができるだけでなく、非破壊検査の専門知識を持つ技術者も必要です。
そこでJUAVACは、ドローンを操縦できる技術と、インフラメンテナンスに必要な専門知識の両方を学ぶことができるスクール「JUAVAC ドローン エキスパート アカデミー」を開設しました。

 

スクールについてお問い合わせ

 

概要
JUAVACドローンエキスパートアカデミーはドローンの操縦と、それを活かした専門分野の技術を習得できるスクールです。
日本でドローンを操縦、飛行するためには、国土交通省への飛行許可申請が必要です。申請内容には10時間のフライトが義務付けられていますが、当校では高精度のフライト技術習得に加えて、飛行での注意点や安全性、気象学や電波法など、安全な操縦に大切なことも座学で習得することができます。さらに、より専門的な分野として、「測量基本技術習得コース」や、インフラメンテナンスに特化した「非破壊検査(橋梁編)基本技術習得コース」を開設。卒業後、すぐに現場で対応できる実践型のカリキュラムを提供していきます。
履修後は、JUAVAC認定のライセンスを取得できます。

ドローンエキスパートアカデミーでできること

<!– アカデミーの構成 –!>

認定ライセンスの発行
JUAVAC(一般社団法人 日本UAV利用推進協議会)が発行する唯一のドローン操縦ライセンス。

 

認定ライセンスとは?

 


<!– コース –!>

ドローンによる空中測量技術を修得したい方
測量基本技術
コース
高度なフライト技術を修得したい方
フライト基本技術
コース
ドローンによる橋梁検査技術を習得したい方
非破壊検査(橋梁編)
基本技術コース
「交通」「物流」「救急」などの人々の暮らしに直結する
社会インフラの維持・管理に役立つ専門技術を習得

 

お問い合わせ

 

 

よくある質問

 

認定校と開校予定
特色
操縦技術の習得は当たり前。さらに一歩進んだ専門分野を
現在、ドローンスクールは全国各地にたくさん開設されています。しかし、高度なフライト技術だけでなく、専門技術も同時に習得できるスクールは決して多くはありません。中でも、「非破壊検査(橋梁編)基本技術」を学べるのは、全国でもJUAVAC ドローン エキスパート アカデミーだけ。(※2017年4月現在) 

当校では、「ドローンの操縦技術を社会貢献へ活かす」ことに価値を置き、特に需要が見込まれている社会インフラの維持や管理にフォーカスした専門技術を習得することが可能です。

 

お問い合わせ